2019就活生のための
飲食業界研究+新卒求人情報

2019就活生のための
飲食業界研究+新卒求人情報

エフラボセレクトFOODWORK10

フード業界で働く魅力って?長年、フード業界に寄り添い見てきたエフラボ編集部員がマジメにそしてちょっぴり独断もまぜながらフードの仕事の魅力セレクトしました。この中にあなたが望む「やりがい」が見つかったらうれしいな。

  • 経営者になる(自分のお店を持てる)チャンスが多い仕事経営者になる(自分のお店を持てる)チャンスが多い仕事

    独立や経営者と聞くと最初に考えることは「成功のメリット」よりも「失敗するリスク」かもしれません。 独立しやすいと言われるフード業界ですが、最近では縫営者になる方法も多様化し、リスクを抑えた独立が可能になってきました。 そのひとつに「社内独立制度」の拡大が挙げられます。ルールは会社ごとに異なりますが、 簡単に言うと利益が出ているお店を社員に委託し独立を支援します。 独立者は経営状態の分かるお店で独立出来る安心惑があり、会社側も社員のモチベーション向上につながる為、 双方がWINxWINの関係を築けます。緑営ノウハウを身に付け0から起業する、会社の支援を受け起業する方法など、 将来経営者を目指している方にとって、フード業界で働くことは様々な選択肢を手にできることと言えるかもしれません。

  • トレンドの最先端に触れる仕事トレンドの最先端に触れる仕事

    独立や経営者と聞くと最初に考えることは「成功のメリット」よりも「失敗するリスク」かもしれません。 独立しやすいと言われるフード業界ですが、最近では縫営者になる方法も多様化し、リスクを抑えた独立が可能になってきました。 そのひとつに「社内独立制度」の拡大が挙げられます。ルールは会社ごとに異なりますが、 簡単に言うと利益が出ているお店を社員に委託し独立を支援します。 独立者は経営状態の分かるお店で独立出来る安心惑があり、会社側も社員のモチベーション向上につながる為、 双方がWINxWINの関係を築けます。緑営ノウハウを身に付け0から起業する、会社の支援を受け起業する方法など、 将来経営者を目指している方にとって、フード業界で働くことは様々な選択肢を手にできることと言えるかもしれません。

  • 若さが価値として重宝される仕事若さが価値として重宝される仕事

    若い人の成長を後押しする。これは最近のフード業界を表現するひとつのキーワードです。 その理由はズバリ「若手人材の不足」。若い人が働きたいと思える環境作りに力を注いでいます。 厳しい修行のイメージがある料理の仕事ですが、大卒未経験から就職できる会社の増加や丁寧な教育を行う環境が増え、 「目で見て盗め」的なイメージはもう過去のものとなりつつあります。これは店舗スタッフをはじめとしたマネジメントの仕事も同様です。 本部社員の積極的な登用、若い感性を活かした新業態の立上げ、また人材教育に外部機関を利用し、 費用を掛けて成長をサポートする会社も増えてきています。出る杭は「打たれる」のではなく、出る杭を「伸ばす」のが今のフード業界なのです。

  • 世界から注目される仕事世界から注目される仕事

    2013年、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本食が生み出した「旨み」は「UMAMI」として今や世界共通語とも言われ、 また鮨も「SUSHI」として世界中で人気を集めています。そして、注目するのは日本食だけではありません。 日本の外食のレベルの高さは世界有数と言われ、世界の人気レストランやカフェの多くは海外展開の足掛かりとして日本を選びます。 海外で活躍し脚光を浴びる日本人の料理人も増えています。今後飲食企業の海外出店はますます増えていくでしょう。 皆さんが社会人として成熟する30代・40代の頃には、日本の輸出産業の中核をフード業界が担っているかもしれません。

  • 実はお金がたまりやすい仕事実はお金がたまりやすい仕事

    新社会人になれば、やはり気になるのがお金の話。印象として低賃金のイメージがあるフード業界ですが、 東洋経済オンラインの初任給が高い企業ランキングにて、上位100社の中に飲食企業6社がランクインしています。 また、社会人になれば毎日のランチ代や仕事上での食事会など、給与に占める食費の比重が大きくなります。 フード業界では職業柄、賄いなどの食事のサポートを行う会社が多く、食費が抑えられる傾向にあります。 その為可処分所得が増え、貯蓄や自分の趣味などにお金をまわすことができます。

最近見たページ