• 株式会社自遊人 画像1
  • 株式会社自遊人 画像2
  • 株式会社自遊人 画像3
  • 大学
  • 短大
  • 専門
  • 高校

株式会社自遊人

ローカルガストロノミー/イタリアン/フレンチ/日本料理/ホテル/旅館

宿泊施設として初のグッドデザイン賞
また「ミシュラン」「ゴ・エ・ミヨ」等
数々の賞を受賞するメディア注目の企業

全業種クリエイティブ。
不可能を可能に変えるチームに加わりませんか?

1989年に創業以来、一貫して、”伝える”ことをテーマに、様々な「モノ」や「コト」、そして「トキ」を提供してきました。

現在は「自遊人ホテルズ 」として、4つの地域で4つのレストランと2つのカフェ、1つのベーカリーとマイクロブルワリー(シードル)、4つのホテルを運営中。

飲食・ホテル業以外にも、出版社や食品流通、地方創生のプロデュース…など、色々な顔を持つ当社ですが、料理も接客も企画も、職種がクリエイティブであり、全スタッフがプロフェッショナルであることを大切にしています。

平均年齢32歳。若くてもやる気と実力次第で責任あるポジションにチャレンジできます。
当社WEBでは、先輩スタッフの働く姿を公開中です。


ー運営施設をご紹介ー

【里山十帖】
2014年、「メディア型ホテル」の実験施設として、南魚沼市大沢山温泉に開業した「ライフスタイル提案型複合施設」。
十帖とは十の物語という意味で、宿には10の体感型特集が詰まっています。とくに食文化の発信には積極的で、希少な新潟の伝統野菜が一堂に集い、新潟の発酵文化の継承、地域の魅力を世界に発信することに尽力しています。
2014年グッドデザイン賞「BEST100」、「ものづくりデザイン賞」(中小企業庁長官賞)受賞、2015年、アジアを代表するデザインアワード「シンガポールグッドデザインアワード」受賞。
「ミシュランガイド新潟2020特別版」で1つ星&レッドパビリオンも獲得し、「ゴ・エ・ミヨ2021」3トック15.5点。「ヒトサラベストシェフ&レストラン2022」受賞。そして「ゴ・エ・ミヨ2022」では、3トック15.5点に加え「テロワール賞」を受賞。

【箱根本箱】
日本出版販売株式会社の保養所「あしかり」を全館リノベーションして誕生したブックホテル。2018年開業。
「本離れ」「雑誌離れ」が進むなか、「本のある暮らしの豊かさ」を「伝える」というコンセプトのもと、「本との新しい出会い」「新しい知識との出会い」を提案しています。
従来のブックホテルやブックカフェと違う点は、「新刊、古書、洋書、すべての本が買える!」こと。つまり館全体がブックストアで、約1万2000冊の在庫を管理・販売しています。
本ばかりが注目されがちな施設ですが、「食」ももちろん本気。他のレストランとはひと味違った、「ここだけの味。箱根ならではの味」を追求していきたいと思っています。
2019年、グッドデザイン賞ベスト100受賞。

【松本十帖】
2021年、松本市浅間温泉に開業。「浅間温泉 小柳」の再生プロジェクトが、浅間温泉全体を活性化させるエリアリノベーションプロジェクト「松本十帖」に発展。
敷地内には2つのホテルと、「三六五+二(367)」「ALPS TABLE」という2つのレストラン、ブックストア、ベーカリー、ショップ、ハードサイダー醸造所などがあり、敷地外に「おやきとコーヒー」「哲学と甘いもの。」という2つのカフェがあります。2022年春グランドオープン予定。

『自遊人』では、スタッフ全員が『プレゼンター』です。

『自遊人』では、スタッフ全員が『プレゼンター』です。

各施設で働くスタッフは皆、「プレゼンター」。
料理を作ることも、お客様をご案内することも、客室の準備を整えることも、そのすべては地域や料理、施設の魅力を伝えるためのプレゼンテーションです。
あなたのプレゼンテーション次第でその伝わり方、感動は何倍にも変わります!
得意分野と個性をいかし、日本、そして世界へ。地域の魅力を発信をしませんか?

■サービス・プレゼンター(ホールスタッフ)
サービスを中心に様々な業務を担当。
サービススタッフの勤務は早番、中番、遅番のシフト制です。中抜け勤務や、たすき掛け勤務はありません。

■キッチン・プレゼンター(キッチンスタッフ、ブーランジェ、パティシエ)
キッチンでの調理を中心に、一部サービスも担当。
キッチンでは“料理人”ではなく、フードクリエイターが活躍。地域の食材とその背景、そして問題点をデザインをすることを目指しています。

出身ジャンルは不問です。未経験でも大歓迎!

出身ジャンルは不問です。未経験でも大歓迎!

私たちが目指している料理は、日本料理でも、フレンチでも、イタリアンでもない、地域の物語を感じる「ローカル・ガストロノミー」。
当然ながら日本料理、フレンチ、イタリアンなどの出身は問いません。

「ローカル・ガストロノミー」とは、地域の風土と歴史、文化を料理に表現することを指す造語。根底にあるのは、「料理は、地域経済や文化活動、教育活動にどのように貢献できるのか」という視点。
わかりやすく言えば「地産地消」という考え方があてはまるのですが、単純に地域の食材を使えばいいのではなく、もっと地域のことを総合的に学んで、その上で「地域を料理に表現していきましょう」ということです。
それはすなわち、料理の質を高めること、クリエイティブの世界を追求することに他ならず、さらに「仕入れる食材の品質を上げるためにも生産者との共存関係を築いていきましょう」という食を中心にした社会活動でもあります。

地方を元気にする。日本の魅力を世界に発信する。この国の未来を支える屋台骨となるこの産業を通して、地方から豊かさのあり方を変えていく。こんなに素晴らしい仕事はありません。一緒に楽しいこと、やりませんか?

まずは実際に当社の話を聞いてみてからご検討ください!

まずは実際に当社の話を聞いてみてからご検討ください!

大切な就職のタイミングだからこそ、ご自身の考えや、他社様とも比べていただき、じっくりとご検討いただきたいと思っています。

だからこそ、オンラインでの説明会を始め、ご興味をお持ちいただいた方には、最大限当社の事をお伝えさせていただきます。
ご希望はもちろん、正直不安…と思っていることまで、ぜひいろいろ教えてください。

お互いに想いを出し合った後、本当にご希望に合っているのか…を検討いただき、その上でご判断いただいてOKです。

たった1度しかない、“新卒入社”だからこそ、会社としても、最大限バックアップをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

地方で働く豊かさを体験してほしい!

地方で働く豊かさを体験してほしい!

自遊人の本社は新潟県南魚沼市。配属では箱根、松本などで勤務する可能性はありますが、基本的には都心ではなく地方で暮らすことが前提となります。地方の暮らしってどんな感じ?やることあるの?友達は?そんなよくある質問に答える形で先輩社員のプライベートをご紹介!

Q.そもそも休日は何しているの?
A.例えば南魚沼市であれば…、やはり日本有数の豪雪地帯。となれば、おのずと活発なのがウィンタースポーツです。社員の中にも、スキーやスノボ好きがちらほら。中でも一番熱心なのが、何を隠そう代表の岩佐。朝にひと滑りしてから会社へ、なんて日常茶飯事です。
もちろんウィンタースポーツをしない人もたくさんいます。カフェ巡り、温泉めぐり、買い物、キャンプ、飲みに行く…など、各々好きなように楽しんでいます。

Q.移動手段は何を使うの?
A.これはやはり車です。地方はどこへ行ってもそうですが、車がない=足がないことになり、生活は苦労するかもしれません。そのかわり行動範囲が広がるため、ちょっとお出かけで隣の県まででかけてみる、など身軽に動き回る人も多いようです。もちろん会社は車出勤可。

「豊かな暮らしの価値観は、変わっていく。」

いちはやく着眼した私たちは、地方移住や食のあり方の提案を通じて、自らが実践しながら『リアルメディ
ア』という形で、メッセージを発信してきた。
口で言うのは簡単。
でも実現するのは想像以上に難しく、超える壁の多い挑戦だ。
自然に囲まれて心は豊かになっても、きれいな水と空気だけでは生きていけない。
お金が回らなければ、経済も死んでしまう。
けれど、不可能を可能にして、モデルを示すのが私たちの存在意義。
当然、理想だけ、アイディアだけでは突破はできない。
「自分たちにしかできないことはなにか。」
絞り込み、研ぎ澄ませ、小さな突破口を見つけ、全力で切り開く。
ありたい姿が、ビジネスとして成立する道筋を模索してきた。
雑誌「自遊人」の立ち上げ・制作で培った創造力と編集力。
「里山十帖」など、社運をかけた大きな資金調達や投資を成功させてきた事業計画力と推進力。
「箱根本箱」の企画・運営から学び得た各所連携の調整力と、時に起こる停滞を打破する牽引力。
このクリエイティブ×ビジネスマインドを武器に、地方を主役にして経済圏を成立させる。
金銭基準ではない豊かな暮らしを実現するために、途方もなく高い目標を掲げ、日々試行錯誤している。
そして今、この難題を実現するために必要なのは、何よりも、人の力。
ともに目標を追い続けていくための仲間だ。
地方から、革命を起こしていかないか。
簡単にできないことだからこそ、おもしろい。
私たちがやろうとしているのは、
この国の「生き方の未来」をつくる仕事だ。

「チームクリエーションで、地方から革命を起こす。」

ここに紹介するのは、私たちが日々大切にしている、思考・行動の指針です。
共感できる、こうありたい、成長したい。
そう思っていただけるあなたと一緒に働きたいと思っています。

自遊人十条
一、世の中に無いものを、つくる
一、プレゼンテーション力を磨く
一、非常識に、チャンスを見出す
一、編集で二律背反を融合させる
一、自ら考えてベストを選択する
一、まず動いて、それから考える
一、責任と戦略を持ち自由にやる 
一、本質的で品ある行動に徹する
一、社会実現の先に、自己実現を
一、チームの力で、社会を変える

会社概要

株式会社自遊人

事業内容
宿泊施設運営/農産物と農産物加工品の製造、販売/ライフスタイル雑貨、家具の販売


■雑誌「自遊人」
「Ecological. Creative. Organic. We're designing lifestyles.」をテーマにしたライフスタイルマガジンで、「地方から発進する日本で唯一の全国誌」。創刊は2000年。発行部数は最大16万5000部で、ジャンル2位という記録を残す。近年ではオーガニック・ライフスタイルをテーマに、情報感度が高く発信力のある読者の絞り込みを行い、新たな雑誌メディアの方向性を確立。地域活性やまちづくりをテーマにした特集も好評。

■オーガニック・エクスプレス
2002年、雑誌「自遊人」のお米特集から始まった企画。本当に美味しいお米を追求した結果、それらが販売されていないことがわかり、自社で仕入れ・販売することを決意。雑誌連動型の食品販売事業がスタートした。現在では兵庫県丹波市にも拠点を構え、有機無農薬栽培の野菜の集荷・発送を行っている。
設立
1990年12月(1989年5月)
資本金
5,350万円
代表者名
岩佐十良
本社住所
〒949-6361
新潟県南魚沼市大月1012-1 
各店舗データ
▶松本十帖
長野県松本市浅間温泉3-13-1


▶箱根本箱
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491


▶里山十帖
新潟県南魚沼市大沢1209-6
関連企業
・株式会社自遊人の暮らし
・株式会社小柳
会社HP
1 http://jiyujin.co.jp/recruit/

募集要項
採用予定人数
10名
昨年度採用実績人数
15名
募集職種
■サービス・プレゼンター
・ホールスタッフ

■キッチン・プレゼンター
・キッチンスタッフ
・ブーランジェ
・パティシエ
仕事内容
各職種ごとの適した仕事をお任せしていきます!
全職種共に徐々に慣れていっていただければOKです。
給与
【大学、大学院卒】
月給 205,000円
※固定残業代37,000円含む/30時間分(超過分の残業代は別途支給)

【短大、高専、専門卒 】
月給 200,000円
※固定残業代36,000円含む/30時間分(超過分の残業代は別途支給)


【神奈川エリア配属の場合】
大学・大学院・短大・高専・専門卒
月給 205,000円
※固定残業代26,000円含む/20時間分(超過分の残業代は別途支給)
待遇・福利厚生・諸手当
各種社会保険完備
賞与年1回(9月 決算賞与・業績による)
昇給年1回
休日出勤手当
役職手当
研修手当(支援)
キャリアアップ手当(支援)
社宅有(勤務地や勤務形態による)
サンクスステイ制度(社員、および社員のご家族の施設利用割引および無料招待制度)
試用期間有り(6カ月)※期間中の給与は変わりません
車・バイク通勤可能
まかない有
勤務時間
月間単位の変形労働時間制

※1日あたり実働は8時間(1日につき1時間程度の残業有)
※休憩時間60分
休日休暇
月7日~9日休暇(シフト制)
慶弔休暇
有給休暇
勤務地
新潟・南魚沼「里山十帖」/神奈川・箱根「箱根本箱」/長野・松本「松本十帖」店舗情報
応募方法
応募電話/受付時間
株式会社自遊人
採用担当:武田
E-MAIL:saiyo@jiyujin.co.jp
※採用に関するお問合せは、メールでのみ受付しております。
エントリー方法/採用プロセス
エフラボWEBまたはメールでエントリーください。
会社説明会も開催しておりますので、説明会参加のお申込みも歓迎しています。

【会社説明会(オンライン)】→【一次面接】→【適性テスト】→【二次面接/職場体験】→【内定】


※説明会の参加は任意です
※併願もOKです
面接地/交通
各施設やオンラインなど、柔軟に対応しております。

最近見たページ