2019就活生のための
飲食業界研究+新卒求人情報

2019就活生のための
飲食業界研究+新卒求人情報

kulu kulu 武田 美由紀

Scroll

kulu kulu武田 美由紀

世界は今、
日本人の技術に注目している。
日本を飛び出し
ハワイでパティシエとして活躍する
武田 美由紀。
彼女は
「世界中どこでも働ける可能性がある」
と笑顔で答える。
近い将来、
グローバルに活躍する日本人が
当たり前になる。
彼女を見ていると、
そんな気がしてならない。

自分がハワイで働くことになる
なんて想像できませんでした

技術を磨き、自分の可能性を
追いかけ続けていきたい

「大人になったらなりたい職業は?」

女の子にとって、いつの時代も人気なのは「町のケーキ屋さん」である。その夢を叶えながらも、さらなる大きな可能性を感じさせてくれる女性がハワイにいる。

「kulu kulu」は日本の町のケーキ屋さんをコンセプトにしたケーキショップを、ハワイで3店舗展開している。

店頭では大柄なローカルの住人が目を輝かせ、可愛くて彩り鮮やかなケーキを購入する姿をひっきりなしに目にすることができる。

同店で働くチーフパティシエの武田さんは、大阪のホテルで8年間パティシエのキャリアを積み、約3年前に「kulu kulu」へ入社した。

「社会人になって海外旅行に目覚め、海外での生活に関心が沸きました」、そう語った彼女。

しかし、海外で働き生活することを夢見たとしても、その道は狭き門である。

「パティシエとしてのキャリアが無ければ、ハワイで生活することは絶対になかったと思います」

そんな彼女に海外で働く苦労はなかったのか尋ねてみた。

「やっぱり言葉ですよね。ただ、技術は世界共通です。ケーキを作り味わってもらえれば壁は超えられることも学びました。他には、材料の問題です。アメリカ本土と違って、島であるハワイでは、同じ素材を安定して入手することは簡単なことではありません。そのため、どう対応するか日々模索しています」

プライベートではヨガに通い、最近ではウクレレを習うなど、すっかりハワイでの生活に馴染んでいる彼女は、「ハワイでは日本人の技術がとても重宝されています。今では現地スタッフを教育し、パティシエとして育てることにも力を注いでいます」と答える。

小さいころ女の子が憧れる「町のケーキ屋さん」。その夢と魅力は世界へ繋がっている。

鹿児島県出身。人を喜ばす仕事に就きたいとパティシエを目指し、調理師専門学校を卒業後「ホテル モントレ」グループに入社。8年間の勤務後、知人の紹介により「kulu kulu」へ入社。ハワイでの生活を満喫しながら、日本で培ったパティシエの経験を活かす。

  • □kulu kulu
  • 住 所 Ala Moana Shirokiya Shirokiya Japan Village Walk, Ala Moana Center
  • 電 話 808-931-0503
  • 時 間 10:00〜22:00(Mon-Sun)
  • http://kulukulucake.com

最近見たページ